トップページ

    このサイトではアウディの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アウディの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる買取店に売却したい」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    ドイツ車のアウディを高く売るために必要なことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社のみとか近隣にあるアウディのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アウディ(Audi)の買取金額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアウディの買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、地方でも対応していて無料です。

    「アウディを高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているアウディの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、ドイツ車のアウディを高く売れる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    アウディの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に数年落ちのアウディの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのアウディであっても高価買取が可能になります。

    最大10業者がアウディの見積もりをしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたが大切に乗ってきたアウディを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がドイツ車のアウディの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたアウディを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車を専門とした外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、1年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。全国対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のアウディであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性大です。
    そういうことから、ドイツ車のアウディであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して査定相場を調べてみてください。

    いくつかの買取店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアウディを売りましょう。







    どんな分野の売却においても同様でしょうが、これらの査定相場は変動が著しいです。

    オープンカーは夏場に相場が上昇するなど、ある種類の車は相場の高低差がつきやすい季節や地域性がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    その一方で、全部の車種に共通しているのは、初年度登録日からの日数が浅い方が査定額がアップすることが多いでしょう。

    売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方がおそらく高値で取り引きできるでしょう。

    いくつかの業者から見積もりを出すことを俗に相見積もりといいます。

    これをどこにいても実施できるようにしたのが、ウェブ上で瞬時に行える中古車一括査定サイトでしょう。

    一括査定サイト以外にも相見積もりという言葉を使うことがあり、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに現実的に車を見積もってもらい、査定金額を提示してもらうという意味もあるのです。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    黒や白の定番カラーは常時需要が安定しているために、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、中には嫌がる人もいますので、減額査定される可能性が高くなってしまいます。

    しかしながら、中古車の査定価格は査定時点でのオークションの相場によりアップダウンするため、流行があれば一定の色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、全損はおおまかにふたつに分けられます。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    保険の支払額というのは時価計算で、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して適正な金額を算定します。

    実際の価格と違うように感じたら、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    10万を超えると過走行車となり、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    けれどもそれで諦めろといったことではないので安心してください。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、これから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、車がないと困る人は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を受けてくれるというものではありません。

    車がないなんて考えられないという人なら、代車手配の有無については査定を申し込む前に確かめておく必要があります。

    単純に考えても、自動車を買いたい人がたくさんいる時期の方が、売却サイドから考えても自動車が高く売れる好機であるのです。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、当然のように買取金額も上昇します。

    9月と3月は会社の決算月なので他の月よりも中古車販売店は売ることを重要視しますから、交渉次第では買取額がアップする可能性が高いのです。

    9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり車の売れ行きは良くなるので売却に適した時期と言えますね。

    もう誰も乗ることがなくなってしまって、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。

    でも、車検が切れている車は一般道路を走ることが出来ません。

    なので、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。

    既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、無料で車を引き取ってくれる店舗が主でしょう。

    付け加えると、事前に車検を通してから売ることは得策とはいえません。

    事前に車検を通すためにかかったお金の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。

    近年市販されている車はオプションでなくて最初からカーナビが装備されているものが多数派となってきました。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限りプラスの査定が期待できます。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいてオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。