トップページ

    このサイトではアウディの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アウディの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる買取店に売却したい」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    ドイツ車のアウディを高く売るために必要なことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社のみとか近隣にあるアウディのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アウディ(Audi)の買取金額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアウディの買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、地方でも対応していて無料です。

    「アウディを高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているアウディの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、ドイツ車のアウディを高く売れる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    アウディの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に数年落ちのアウディの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのアウディであっても高価買取が可能になります。

    最大10業者がアウディの見積もりをしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたが大切に乗ってきたアウディを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がドイツ車のアウディの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたアウディを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車を専門とした外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、1年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。全国対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のアウディであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性大です。
    そういうことから、ドイツ車のアウディであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して査定相場を調べてみてください。

    いくつかの買取店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアウディを売りましょう。







    どんな場所にいても時間を選ばずにネットを使って直ぐに中古車査定ができてしまうのがたくさん存在している一括査定サイトのメリットと言えるでしょう。

    フォーマットに必要な情報を入力すれば一瞬でたくさんの業者の査定金額を知ることが可能で、現段階での売ろうとする車の査定相場を知ることができるのです。

    自分の名前などを記載したくない場合には、無記名で利用できるサイトもあるようです。

    原則的に、車査定において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと資格取得が叶わないので、この資格を持っていると言うことは、査定スキルが一定以上のレベルにあるということの証明になると言って良いでしょう。

    所有する車を買取に出そうと考えついたときにすると良い行動のひとつに、ネットを利用した一括査定サイトで査定してもらうことが挙げられるでしょう。

    数多くの企業の見積額をいっぺんに比べることが可能ですから、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくてもその中で最も高い金額を示してくれる会社を選び取ることが可能なのは勿論ですが、それ以外にも所持する車種の財産価値が今の段階で大体どのくらいあるのかが分かります。

    いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、洗車済みであろうと査定価格に及ぼす影響はないと考えて良いでしょう。

    持ち主が行う程度の清掃であれば、あとから業者のほうでも出来るからです。

    しかし掃除が無意味だと言う人は少ないです。

    訪問した時に査定対象の車が清潔でピカピカであれば、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    買う側だとて人間ですし、相手の心証次第で買取額が上向きになる可能性はあるでしょう。

    中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、買取対象となる車の査定をしています。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、事故歴、修理歴、傷、故障、車の走行キロ数といったところです。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、ずっと隠し通せるものではないでしょう。

    査定士が実車を査定するときは所有者が同席しなければいけないといった決まりなどはありませんが、車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を避けるためになるべく本人が査定に立ち会う方が良いです。

    たちの悪い業者だと、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、こっそりキズをつけて少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    インターネット上に存在する中古車一括査定サイトを利用すると、売却予定の車の相場が一目瞭然なので大変便利です。

    その車種の相場は分かりますが、現実にいくらで売れるかというのは実査定を終了するまでは知ることが不可能です。

    車検の残り期間の有無やその車の状態がどうかによって、良くも悪くも最終査定金額が大幅に変動することがあるのです。

    車売却の際には、中古車一括査定サイトによる査定金額を過信しすぎるのもいけないと言うことを覚えておきましょう。

    車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を通達されることがたまにあります。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分側が悪いと言えますが、査定時に何か見落としがあったというならば自分に非はないのです。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きていると相談することが最善でしょう。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、曖昧になりやすいのが車の支払いに関することなどです。

    自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。

    どんなに親しい間柄だったとしても、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、大切な事柄に関してはしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。

    きちんと念書を作るのを嫌がる人では、いくら親しい友人でも後からトラブルが起きる可能性が高いので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。