トップページ

    このサイトではアウディの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アウディの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる買取店に売却したい」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    ドイツ車のアウディを高く売るために必要なことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社のみとか近隣にあるアウディのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アウディ(Audi)の買取金額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアウディの買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、地方でも対応していて無料です。

    「アウディを高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているアウディの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、ドイツ車のアウディを高く売れる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    アウディの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に数年落ちのアウディの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのアウディであっても高価買取が可能になります。

    最大10業者がアウディの見積もりをしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたが大切に乗ってきたアウディを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がドイツ車のアウディの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたアウディを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車を専門とした外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、1年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。全国対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のアウディであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性大です。
    そういうことから、ドイツ車のアウディであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して査定相場を調べてみてください。

    いくつかの買取店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアウディを売りましょう。







    普通にしていても勝手にできてしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり充分に分かる程度のへこみ、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、査定時に減点されるのが回避するために自分で直してもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    どんな分野の売却においても同様でしょうが、中古商品の査定相場は毎日アップダウンします。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などがほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、大概初年度登録から経過した日数が早いほうがその車の価値は上がるということです。

    実際に売却を決定したらちょっとでも早く決めてしまう方が高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。

    査定のプロである担当者には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりにそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、嘘をついたことが原因で担当者との信頼関係はもう絶望的になるでしょう。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も起きても何ら不思議はありませんから、売却予定の車の状態については正直に話した方が良いのです。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、実際に売却する手続きに入ると書類をそろえる必要があります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので注意しなければいけません。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合はよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、同じ全損にも2通りあります。

    ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    自動車保険の給付金の金額というのは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は適正な金額を算定します。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    売却予定の車を査定してもらう場合、タバコ臭やペット臭がある車だと減点は免れません。

    所有者は臭いがないと思っていることも多いくらいですから、ふだんから慣れてしまっていてわからないということもあります。

    不安であれば自分以外の人に車内のにおいをチェックしてもらうといいかもしれません。

    消臭スプレーやルームフレグランスなどを用いても付着したにおいはとれませんので、拭き掃除を念入りに行い、付着したニオイ成分を除去するようにしましょう。

    車を中古車屋に売る際にしておくことは、机上調査と実地チェックがあげられます。

    つまり、とりあえずするべきなのは相場の机上調査です。

    これはネット一括査定などを利用すれば簡単です。

    査定額が安いか高いか判断する基準がなければ、明らかに損な価格で売却する場合もありますから、事前調査は欠かせません。

    それからもう一つ欠かせないのは車の内側と外側の掃除です。

    つい外側に磨きをかけてしまいがちですが、どちらかというと力を入れたいのは車内のほうです。

    内装に付着しているニオイのもとをとっておかないと、査定で減点されるのは間違いありません。

    誰もが名前を知っている外国製の車でも、国産車の販売台数には到底及びませんので、業者次第でかなり査定額に違いが出ます。

    買い叩きに近いような状態になってしまうこともあるようです。

    最初から外車専門業者に的を絞ったほうが、独自の販路を持っていることから査定額は全体的に高めになります。

    とは言うものの、輸入車専門店というのはMINIなどの英国車専門店、BMWやアウディのセダン中心など特色を打ち出した店が多いです。

    ネットの一括査定サービスなどを活用し、業者を絞り込んでいくことが肝心です。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、自動車売買のときに限らずにどんな売買をするときにもとても大切な事柄です。

    自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    書かれている車の状態は間違っていないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、よく読んで確認してください。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずに担当者に相談したり質問したりすることも重要になってきます。