トップページ

    このサイトではアウディの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アウディの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる買取店に売却したい」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    ドイツ車のアウディを高く売るために必要なことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社のみとか近隣にあるアウディのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アウディ(Audi)の買取金額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアウディの買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、地方でも対応していて無料です。

    「アウディを高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているアウディの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、ドイツ車のアウディを高く売れる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    アウディの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に数年落ちのアウディの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのアウディであっても高価買取が可能になります。

    最大10業者がアウディの見積もりをしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたが大切に乗ってきたアウディを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がドイツ車のアウディの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたアウディを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車を専門とした外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、1年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。全国対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のアウディであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性大です。
    そういうことから、ドイツ車のアウディであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して査定相場を調べてみてください。

    いくつかの買取店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアウディを売りましょう。







    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらってもどこでも0円査定だったとしても、廃車専門店へ買い取り依頼することもできますから、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    中古車の見積金額が腑に落ちないものだった場合に、売却を断っても構いません。

    たくさんの買取業者の査定金額を比較して1円でも高く売れるところを確認してから売買契約を行う方がより良い選択ですね。

    しかしながら、売買契約書を取り交わした後でのキャンセルはできないか、キャンセル可能でも賠償金が発生する場合がほとんどです。

    損害賠償については契約書に詳細が明記されているはずですから、全文をしっかり熟読した上で契約するようにしてくださいね。

    最近のことですが、中古自動車販売の最大手で大衆向けの中古車査定アプリを考案してリリースしていますが、業務で使用可能な中古車査定アプリもあるのですよ。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくてもこれを使用すれば査定がしやすくなるでしょう。

    この業務用に開発されたアプリと専用の機械を同時使用する事によって、これから見積もりを出そうとしている車の過去の修理の有無が瞬時に分かってしまう機能がついている場合がたくさんあるのです。

    一箇所ならぬ複数のところから査定ゼロという返答が来た場合、車の持ち主がとれる行動というのは限られています。

    そのまま廃車にするか、専門業者に買い取りを打診するかです。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、分解してパーツ単位として販売するといった手法で流通させるのがどちらかといえば本業です。

    手間はかかりますが独自の販路を持っているがために、他社が断ったような車もそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    廃車手続きもしてくれるので、ダメ元で問い合わせてみるのもアリでしょう。

    たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、いわゆる過走行車という扱いになり、売却見積もりを依頼してもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    多(過)走行車や事故車を専門に扱う販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、先々のことを考えて相応の下取り価格を出してくる可能性が高いです。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかしこの全損は、異なる二つの意味で使われています。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、流動的な市場評価額を基準にどんどん変わっていきます。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は価格を割り出します。

    実際の価格と違うように感じたら、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。

    思いつく限りの業者を当たってみても値段がつかないような時は、多走行車や事故車など廃車寸前の車を主に扱う業者に声をかけてみるのもありです。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    ほかに出来ることといえば廃車処分ですが、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。

    こうした専門業者の売りは、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

    中古車を売ろうとするときには、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

    申告は必要ですが、査定する前に修理しておくことはお勧めできません。

    故障の程度によってマイナス査定にはなるでしょうが、予め修理を依頼してから査定に出すのでは反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と個人が修理するために出す費用では、前者の方がグッと安くて済むのです。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。

    じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、ずっと変わらないわけではないのです。

    常に変化しているのが中古車の価格相場なので、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    査定金額を示されたときに売ることを躊躇してしまうような場合は提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までかきちんと確認するべきです。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、長期間同じ値段で買い取ってもらいたいと言うのは難しいでしょう。