トップページ

    このサイトではアウディの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アウディの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる買取店に売却したい」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    ドイツ車のアウディを高く売るために必要なことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社のみとか近隣にあるアウディのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アウディ(Audi)の買取金額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアウディの買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、地方でも対応していて無料です。

    「アウディを高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているアウディの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、ドイツ車のアウディを高く売れる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    アウディの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に数年落ちのアウディの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのアウディであっても高価買取が可能になります。

    最大10業者がアウディの見積もりをしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたが大切に乗ってきたアウディを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がドイツ車のアウディの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたアウディを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車を専門とした外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、1年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。全国対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のアウディであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性大です。
    そういうことから、ドイツ車のアウディであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して査定相場を調べてみてください。

    いくつかの買取店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアウディを売りましょう。







    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルはいくつかあるでしょうが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    査定額に納得して車を手放した後から、再度チェックしたら問題が出てきたと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    それよりも酷いケースになると、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    大抵の中古車買取業者においては、見積もりを完了するために要する時間というのは単純に待っているだけの時間を除外すると10分少々です。

    これは現時点における車種ごとの中古車オークション相場などを参考にして基礎となっている中古車の査定額が定められていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、走行距離などに応じた減額、加算をしたらすぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    これから売却しようと考えている車にこれでは売却したくないと考える査定金額を業者側から提示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、その店にこだわらなくいても、ほかならもっと高値で売却可能かもしれないですよね。

    自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、訪問査定も気楽に受けることができる上、買取額が増える可能性もあります。

    例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

    また、パーツを交換しているなら本来のパーツに戻しておくことが大事です。

    中古車買取りの現場ではメーカー純正品を装備した車のほうがプラスの査定がつく傾向にあります。

    それと、短い時間で売却したいなら必要書類をあらかじめ用意しておくのも大事です。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと家まで出向いて査定してくれます。

    暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、実際にはそれほどの違いはありません。

    たしかに夕方以降や同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、どちらが良いとは一概には言えません。

    査定士に買取対象となる車を直接見てもらうなら、買取業者のところに車で行くのではなくて、家などに出張して査定してもらうことも可能です。

    買取を行っている店舗の多くは契約の有無にかかわらず無料で査定に来てくれます。

    ですから同じ日に何社かに来てもらい、同時あるいは同日査定で見積りを出してもらうこともできます。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、高額な査定結果を得やすいという利点があります。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも買取業者に売却することは可能です。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されていることが条件です。

    車検証を確認して、まだ名義がローン会社になっている時は、残りの債務を返済しつくすまでは所有者名を変更することはできません。

    要するに、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば車を売ってしまうことでかなりの節約になること請け合いです。

    そんな維持費の内容を見てみると、自動車税や保険料、さらには車検代、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    これらの合計を出すと、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。

    完全に動かない車である「不動車」ですら、はじめから売ることをやめてしまうことはありません。

    不動車にもいくらか値段がつくことがあるのです。

    パーツごとで考えれば今後も現役で使えそうなものがないとは言いきれませんし、部品部品に対して価格をつけ買取してくれる会社はあるのです。

    通常の店舗では不動車買取ができない可能性も高いので、事前調査して不動車を査定してくれる業者に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。