トップページ

    このサイトではアウディの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「アウディの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる買取店に売却したい」と考えている場合はこのページに掲載しているおすすめの車買取店で検索してみてください。

    ドイツ車のアウディを高く売るために必要なことは「複数の車買取会社に査定をお願いする」ことです。1社のみとか近隣にあるアウディのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合はどう考えても損をするので注意してください。

    中古車の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、アウディ(Audi)の買取金額の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社へアウディの買取査定依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    その上、地方でも対応していて無料です。

    「アウディを高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と思っているならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているアウディの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、ドイツ車のアウディを高く売れる買取業者が分かります。

    今までの車買取一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。
    アウディの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車相場が提示されるので、「簡単に数年落ちのアウディの買取相場が知りたい」と思っているなら利用してみてください。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社のみで売却を決めずに、いくつかの会社に査定してもらうことで数年落ちのアウディであっても高価買取が可能になります。

    最大10業者がアウディの見積もりをしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたが大切に乗ってきたアウディを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグにネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない車一括査定サービス。
    提携企業は約200社以上、最大で10業者がドイツ車のアウディの査定額を提示します。

    できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで買取業者ごとの査定額を比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間大切にしてきたアウディを少しでも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車を専門とした外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、1年間の取扱台数は輸入車だけで約1500台。全国対応で出張査定も無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のアウディであれば他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性大です。
    そういうことから、ドイツ車のアウディであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して査定相場を調べてみてください。

    いくつかの買取店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を出してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたアウディを売りましょう。







    今持っている売却予定の車に全く馬鹿にしているような査定金額を出されたら、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、必ずしも契約しなければならないと言う決まりはないのです。

    一番最初の見積金額では売れないと言うと一回断ったことで金額交渉のチャンスが生まれる場合もあるでしょうし、その店にこだわらなくいても、ほかならもっと高値で売却可能かもしれないですよね。

    気に入らなければ正直に嫌だと言っても誰にも迷惑はかからないのです。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、おおまかに説明すると車種や車体の色などの基本性能、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車内の臭いや内装の状態確認、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップする場合としては、たとえば最新式のオーディオやカーナビなどが付いている場合です。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、見積額が提示されるのです。

    大抵の業者は良心的ですが、その数は多くないのですが、中には極悪な買取業者もあるのです。

    例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、査定後にその車を持っていっても良ければ査定額を上げましょうなどと言って、即時にその車を明け渡すように勧められて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    所定の契約手続きをしないで妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。

    チャイルドシート類はどこの業者の査定でも無関係なのが普通だからです。

    ベビーシートもジュニアシートもそれぞれUSEDで探している人も多いですから、ひと手間かけて外して単体で売ると相応の価格で売れます。

    ブランド品で状態が悪くなければ意外な価格になるので、車とは別に売りましょう。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、査定士がつけた査定額というのはその価格での買取りを保証する有効期限があります。

    ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、金額を出してもらった段階で有効期限についてはあらかじめ確認しておくべきです。

    最長で2週間ばかりの有効期限といったところです。

    ただ、ボーナス商戦や決算の時期などに当たると短縮されていることが多いので注意が必要です。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、この全損は、異なる二つの意味で使われています。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は価格を割り出します。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、一定の条件を満たせば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    さらに、還付金がある場合でも自動的に自分の口座に入金されるようなことはないのです。

    自らが保険会社に対して手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

    愛車を売却する場合に、キレイに掃除をしてから査定に持って行くことは重要です。

    きれいに掃除するわけは2つあります。

    一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せたことがある人は、程度問題ですが大きく減額されると思ってよいでしょう。

    臭いの元は車内に残っている汚れですから、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることで嫌な臭いを軽くする事ができるのです。

    車売却の方法には、先ずは街中で良く見かける買取専門店に出すこと、自動車ディーラーに下取ってもらう場合、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    オークションに出そうとするときには、車体の内外の画像や状態を説明する文章をなるべく他人が読んで分かりやすく表記することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見てもらうことが望ましいです。

    また、それ以外で大切だと思ったことに関しては、「念書」などをきちんと作ってサインと捺印をしてもらうと安心できますね。